狭小住宅と二世帯住宅の間取りと注文住宅の価格は大田区の桧山建工へ:目黒区、世田谷区

menu

部分分離(一部共有)型二世帯住宅の特徴

完全分離型 二世帯住宅

一口に二世帯住宅と言っても、形態は様々。
家づくりは金額もエネルギーもかかるので、失敗したくない!
でも、どんなタイプにすればいいのか、迷ってしまいますよね?
この記事では、「部分分離(一部共有)型二世帯住宅」の特徴やポイントをご説明いたします。
ご自身の家族は「部分分離(一部共有)型二世帯住宅」に合っているか、判断する材料にしていただければ幸いです。

部分分離(一部共有)型 二世帯住宅はこんな家族におススメ!

まず、何と言っても、部分分離(一部共有) 二世帯住宅のメリットは
「一緒にいる時間を長く確保しつつ、プライバシーも確保できる上、設備を共有する分コストを安く抑えられる」
という点です。
チェック浴室は各世帯別にして、気ままに入浴したい
チェック親世帯と子世帯の価値観やライフスタイルが違う
チェックキッチンや浴室を共有したほうが間取りも効率的、光熱費も経済的
チェック生活の時間帯が違うものの、歩み寄れる部分がある
チェック顔を合わせる機会が少ないのはちょっと寂しい
いかがでしょう?ご自身の家族にはいくつ当てはまりましたか?

部分分離(一部共有)型 二世帯住宅のライフスタイル

適度にプライバシーを保ちつつも、二世帯が一緒に生活する賑やかさも味わえるのが
部分分離(一部共有)型二世帯住宅の特徴です。
設備を共有すれば、その分コストも安く抑えられます

部分分離(一部共有)型 二世帯住宅 間取りプランニングのポイント

食事の好みや生活リズムを考慮し、リビング・ダイニング・キッチン・浴室・トイレ等の設備のうち、
何を共有するのか?しっかり話し合うことが大切です。
共有度の高い部分分離(一部共有)型二世帯住宅では、リビングだけを分離し、
玄関、キッチン、浴室、トイレもすべて共有とされる方もいらっしゃいます。
逆に共有度の低い部分分離(一部分離)型二世帯住宅ですと、
玄関だけを共有とし、キッチン、浴室、トイレ、リビング等の設備は
独立して設ける方もいらっしゃいます。
ご家族によって、最適な間取りは異なります。
ご自身の家族はどんなところを共有にしたらいいか?
じっくり考えてみてくださいね。